ダウンロードする VLC Media Player 2.0.2 (32-bit)

VLC Media Player 2.0.2 (32-bit)

VideoLAN.org  (オープンソース)
ユーザーによる評価
Thank you for voting

Taking Video Snapshots With VLC Media Player

VLCメディアプレイヤーは、最も人気があり、複数のフォーマットに対応し、無料で利用できるメディアプレイヤーだ。このオープンソースのメディアプレイヤーは、非営利団体のVideoLAN Projectによって2001年に公表された。VLCメディアプレイヤーは、その幅広いマルチフォーマット対応性によってすぐさま人気を得た。多くの有名なビデオ、音楽ファイルフォーマットに対して無力なコンピュータのメディアプレイヤーであるQuickTime、Windows 、Real Media Playerらとレンダリングした相互性やコーデックの問題に取り組んだ結果、そのような対応性を得た。この簡単で基本的なUIやカスタマイズのオプションの膨大さがVLCメディアプレイヤーを無料メディアプレイヤーにおけるトップの地位でありつづけさせている。

柔軟性

VLCは、ユーザーが見つけられる音楽ファイルフォーマットのほとんどを再生する。これは公表当時、多くの人々が使用して、メディアファイルを再生しようとするときによくクラッシュまたは「コーデックミス」というエラーメッセージが表示された既存のメディアプレイヤーと比べると、革命であった。VLCはMPEG、AVI、RMBV、FLV、QuickTime、WMV、MP4を再生でき、他のメディアファイルフォーマットのロードを減らすことができる。互換性のあるファイルフォーマットのすべてをみるにはここをクリック。VLCメディアプレイヤーは、異なるフォーマットをロードできるだけでなく、VLCは部分的なまたは完全でないメディアもプレイバックでき、ダウンロードが終わる前に視聴することができるのである。

簡単に利用できる

VLCのUIは、間違いなく美しさを超えて機能性を特化した例である。基本的な外観は、しかしながらプレイヤーが極めて簡単に使えるだろうということを予期させる。ドラッグし、ファイルをドロップして、ファイルやフォルダを用いてそれらを再生、あるいは開き、それからクラシックのメディアナビゲーションボタンを使って再生、一時停止、停止、早送り、プレイバックスピードの編集、音量や明るさの変更ができる。スキンやカスタマイズオプションの膨大なバラエティの存在は、ユーザーの既存のメディアプレイヤーのようなVLCを選ぶことを避けさせるには基本的な外観だけでは十分でないだろう。

先進的なオプション

プレイバック、オーディオ、ビデオ、ツールや閲覧タブは膨大なプレイヤーオプションであり、VLCメディアプレイヤーの簡単なインターフェースがユーザーをからかうことのないように。グラフィックイコライザーやカスタマイズ可能な範囲圧縮設定を含む同期設定で再生することができる。SRTファイルをビデオのフォルダに加えることで、サブタイトルをビデオに加えることさえできるのだ。

まとめ

VLCメディアプレイヤーは、幅広く使え、安定していて、高品質の無料メディアプレイヤーである。現在10年以上にわたって無料メディアプレイヤー市場を独占しており、VideoLAN による定期的な開発や改良によって次の10年もそのようであろう。

Technical

タイトル: VLC Media Player 2.0.2 (32-bit)
ファイル名: vlc-2.0.2-win32.exe
ファイルサイズ: 21.61MB (22,657,136 バイト)
動作環境: Windows XP / Vista / Windows7 / Windows8
言語: 多言語
ライセンス: オープンソース
追加日: 2012年07月02日
作者: VideoLAN.org
www.videolan.org
ホームページ: www.videolan.org
MD5チェックサム: FA2AEB6E70B6C6BB576C7576179B64FF

Change Log

# Video Output:
* XP machine will now use DirectX mode by default, like in previous versions. There were too many errors with broken drivers.
* More accurate colourspaces conversions for YUV->RGB in OpenGL
* Add menu support for libvlc / VLCKit applications on Mac OS X
* Various fixes on Mac OS X, notably for crop, zoom, osd and menu support
* Misc fixes in OpenGL module, on all platforms
* Fix video output on PowerPC-based Macs equipped with an ATI Radeon 7500, an ATI Radeon 9200 or a NVIDIA GeForceFX 5200 Ultra.
* Fix video output of 10bit encoded contents on Intel-based Macs equipped with an Intel GMA 950 chipset running OS X 10.6 or later.
* Add support for the HiDPI mode used on recent Apple products with so-called Retina Displays.
# Access:
* Rework Digital TV module for Windows. DVB-T and DVB-C should work again
* Fixes for RAR compressed files
* Fix DirectShow crashes on exit
* Improve PulseAudio input latency
* Fixes for HTTP access through a proxy
* v4l2 webcam outputting H264 can now be used directly (use --v4l2-chroma=h264)
* Fix subtitles auto-detection in subfolders and detection behaviour
* IE http proxy is not used anymore by VLC on Win32
* Accept more extensions for DVD images
* Fix crash in VC1 packetizer
* Improvements in Blu-Ray playback
* Improvements and fixes in HLS support
# Codec:
* Fix crashes in AAC decoder on channels changes, notably in ISDB streams
* Fix compilation with multiple FFmpeg and libav versions
* Fix G726 support
* Fix MP3 free format support
# Demuxers:
* Fixes for MKV segments, seeking and MKV title display
* Fix for some mp4, voc, midi and au crashes
* Fix for Real .ram, .f4v, .avi and .ra files support
* Fix for DVB channels file support
* Fixes for alac, vorbis, DTS, VC-1 and Dirac in mp4
# Encoders:
* Fix for MPEG Audio encoding, use layer2 when using fourcc "mp2 " and "mp2a"
* Fix for JPEG generation, when doing snapshots
# Audio filters and output:
* Limitation of spatializer volume output
* Fix DirectSound device selection
* Correct PulseAudio volume control
* Do not apply volume in file output
* Fix sampling rate in JACK output
* Fixes in ALSA output for latency and for broken drivers
# Mac OS X:
* Enable drag and drop of playlist items between the temporary playlist and the persistant media library
* Enable import of playlist items taken from the service discovery modules to the media library or the temporary playlist
* Media key support for keyboards by other manufacturers than Apple This fix was facilitated through a hardware donation by ZF Friedrichshafen AG manufacturing keyboards under the brand "Cherry".
* Add support for the Apple Remote to set the Mac to sleep using a longer press on the Play/Pause button
* Remove libfontconfig's font cache by an Apple Type Services lookup. This removes the "Updating Cache" dialog, before finding all fonts.
* Re-add an option to hide the window decoration during video playback
* Improve compatibility with other 3rd party apps using SPMediaKeyTap
* Many Fullscreen fixes
* Keep Aspect Ratio when resizing is back
* Add controls to manipulate the Subtitles Duration to the Track Synchronization panel
* Hidden items in the sidebar are being retained for the next launch now
* Fix crash when trying to open an Audio CD by drag & drop
* Improve reliability when opening DVDs or BDs by drag & drop
* Fix crashes on exit
* Fix crash when mounting a device with multiple logical volumes while VLC is running
* Chosen audio output device is retained throughout multiple sessions
* Since running the Mac OS X interface as an Extra Interface or Control Interface can lead to undefined results, eventual settings will be automatically reset on the first launch. - This fixes issues with unresponsive playback controls and crashes on quit.
* Update Growl plugin for use with Growl 1.3
* Miscellaneous minor interface improvements
# Lua Scripts:
* Fixes for stdin/stdout and for different locale issues
* Fixes for icecast SD
# Qt:
* Fix preferences for audio devices on Windows
* Fix playlist search and selector behaviour
* Fix multiple issues in the Open Disc dialog
* Miscellaneous fixes in preferences, buttons, EPG, playlist and customize dialog
* Fix tags and file names display
* Fix various crashes, display issues and usability issues
# Skins2:
* Fix mousewheel on Windows
* Fix for key events and focus loss
# Web interface:
* Fix display of some buttons
* Fix listing of files in the Open interface
* Fixes for widgets behaviour and vlm dialog
# Security:
* Fix Ogg Heap buffer overflow
* Update taglib (CVE-2012-2396)
* Update libavcodec and other codecs libraries
# Translation:
* Traditional Chinese, Simplified Chinese, Walloon, Slovak, Polish, Khmer, Japanese, Italian, French, Czech, Belarusian, Breton, Greek, Spanish, Estonian, Irish, Galician, Hungarian, Japanese, Dutch, Telugu, Ukranian, Thai translations update
* New Scottish Gaelic translation