ダウンロードする VLC Media Player 1.0.2

VLC Media Player 1.0.2

VideoLAN.org  (オープンソース)
ユーザーによる評価
Thank you for voting

Taking Video Snapshots With VLC Media Player

VLCメディアプレイヤーは、最も人気があり、複数のフォーマットに対応し、無料で利用できるメディアプレイヤーだ。このオープンソースのメディアプレイヤーは、非営利団体のVideoLAN Projectによって2001年に公表された。VLCメディアプレイヤーは、その幅広いマルチフォーマット対応性によってすぐさま人気を得た。多くの有名なビデオ、音楽ファイルフォーマットに対して無力なコンピュータのメディアプレイヤーであるQuickTime、Windows 、Real Media Playerらとレンダリングした相互性やコーデックの問題に取り組んだ結果、そのような対応性を得た。この簡単で基本的なUIやカスタマイズのオプションの膨大さがVLCメディアプレイヤーを無料メディアプレイヤーにおけるトップの地位でありつづけさせている。

柔軟性

VLCは、ユーザーが見つけられる音楽ファイルフォーマットのほとんどを再生する。これは公表当時、多くの人々が使用して、メディアファイルを再生しようとするときによくクラッシュまたは「コーデックミス」というエラーメッセージが表示された既存のメディアプレイヤーと比べると、革命であった。VLCはMPEG、AVI、RMBV、FLV、QuickTime、WMV、MP4を再生でき、他のメディアファイルフォーマットのロードを減らすことができる。互換性のあるファイルフォーマットのすべてをみるにはここをクリック。VLCメディアプレイヤーは、異なるフォーマットをロードできるだけでなく、VLCは部分的なまたは完全でないメディアもプレイバックでき、ダウンロードが終わる前に視聴することができるのである。

簡単に利用できる

VLCのUIは、間違いなく美しさを超えて機能性を特化した例である。基本的な外観は、しかしながらプレイヤーが極めて簡単に使えるだろうということを予期させる。ドラッグし、ファイルをドロップして、ファイルやフォルダを用いてそれらを再生、あるいは開き、それからクラシックのメディアナビゲーションボタンを使って再生、一時停止、停止、早送り、プレイバックスピードの編集、音量や明るさの変更ができる。スキンやカスタマイズオプションの膨大なバラエティの存在は、ユーザーの既存のメディアプレイヤーのようなVLCを選ぶことを避けさせるには基本的な外観だけでは十分でないだろう。

先進的なオプション

プレイバック、オーディオ、ビデオ、ツールや閲覧タブは膨大なプレイヤーオプションであり、VLCメディアプレイヤーの簡単なインターフェースがユーザーをからかうことのないように。グラフィックイコライザーやカスタマイズ可能な範囲圧縮設定を含む同期設定で再生することができる。SRTファイルをビデオのフォルダに加えることで、サブタイトルをビデオに加えることさえできるのだ。

まとめ

VLCメディアプレイヤーは、幅広く使え、安定していて、高品質の無料メディアプレイヤーである。現在10年以上にわたって無料メディアプレイヤー市場を独占しており、VideoLAN による定期的な開発や改良によって次の10年もそのようであろう。

Technical

タイトル: VLC Media Player 1.0.2
ファイル名: vlc-1.0.2-win32.exe
ファイルサイズ: 17.67MB (18,527,244 バイト)
動作環境: Windows XP / Vista / Windows7 / Windows8
言語: 多言語
ライセンス: オープンソース
追加日: 2009年09月23日
作者: VideoLAN.org
www.videolan.org
ホームページ: www.videolan.org
MD5チェックサム: FE7683303918A8D0C5304B8B2D050FA5

Change Log

# Decoders:
* Native support for WMA Professional, without the use of the Win32 dlls
* Fix issues in subtitles, especially SSA ones
* Various fixes on theora and ogg

# Demuxers:
* Various fixes for EPG support in MPEG-TS demuxer
* Fixes for potential stack overflow in .avi, .mp4 and .asf demuxers

# Access:
* Fixes for v4l2 devices
* Fixes for dvb-c channels-scanning

# Qt Interface:
* Fix some playlist sorting issues

# Mac OS X Interface:
* Fixed a crash when updating VLC
* Fixed a crash related to QTKit when opening video files (10.6 only)
* Added the ability to play 2nd media in sync to the primary item (input-slave)
* Added the "Quit after Playback" feature

# Mac OS X Port:
* The "Delete Preferences" script is now delivered as a Universal Binary
with native code for PowerPC, Intel and Intel 64bit
* Full 64bit runtime compatibility on both Mac OS X 10.5 and 10.6
- no support for Goom and SDL
- limited text rendering support
- This port is still considered as EXPERIMENTAL despite its binary release.

# Encoders:
* MPEG2 transrate stream output removed
* x264 default-values closer to x264.exe defaults.
* x264 rc-behaviour fixes:
- if user defines qp-value, CQP-mode is used
- otherwise if user defines vb=0, CRF-mode is used
- otherwise ABR-mode is used
* x264 set vbv-bufsize/vbv-maxsize better if user hasn't defined these:
- ABR mode set vbv-max-bitrate=bitrate
- vbv-bufsize is bitrate * seconds between keyframes (keyint/fps)


# Playlist:
* Lua scripts for Mpora and Vimeo playback

# Unix builds:
* Various fixes to enable 1.0 to build on Solaris and OpenBSD

# Translations:
* New Kazakh and Croatian translations
* Lithunanian translation is available on Windows
* Galician, Korean, Nepali, Vietnamese, Ukrainian, Brazilian, Arabic and French translation updates