ダウンロードする VLC Media Player 1.1.6

VLC Media Player 1.1.6

VideoLAN.org  (オープンソース)
ユーザーによる評価
Thank you for voting

Taking Video Snapshots With VLC Media Player

VLCメディアプレイヤーは、最も人気があり、複数のフォーマットに対応し、無料で利用できるメディアプレイヤーだ。このオープンソースのメディアプレイヤーは、非営利団体のVideoLAN Projectによって2001年に公表された。VLCメディアプレイヤーは、その幅広いマルチフォーマット対応性によってすぐさま人気を得た。多くの有名なビデオ、音楽ファイルフォーマットに対して無力なコンピュータのメディアプレイヤーであるQuickTime、Windows 、Real Media Playerらとレンダリングした相互性やコーデックの問題に取り組んだ結果、そのような対応性を得た。この簡単で基本的なUIやカスタマイズのオプションの膨大さがVLCメディアプレイヤーを無料メディアプレイヤーにおけるトップの地位でありつづけさせている。

柔軟性

VLCは、ユーザーが見つけられる音楽ファイルフォーマットのほとんどを再生する。これは公表当時、多くの人々が使用して、メディアファイルを再生しようとするときによくクラッシュまたは「コーデックミス」というエラーメッセージが表示された既存のメディアプレイヤーと比べると、革命であった。VLCはMPEG、AVI、RMBV、FLV、QuickTime、WMV、MP4を再生でき、他のメディアファイルフォーマットのロードを減らすことができる。互換性のあるファイルフォーマットのすべてをみるにはここをクリック。VLCメディアプレイヤーは、異なるフォーマットをロードできるだけでなく、VLCは部分的なまたは完全でないメディアもプレイバックでき、ダウンロードが終わる前に視聴することができるのである。

簡単に利用できる

VLCのUIは、間違いなく美しさを超えて機能性を特化した例である。基本的な外観は、しかしながらプレイヤーが極めて簡単に使えるだろうということを予期させる。ドラッグし、ファイルをドロップして、ファイルやフォルダを用いてそれらを再生、あるいは開き、それからクラシックのメディアナビゲーションボタンを使って再生、一時停止、停止、早送り、プレイバックスピードの編集、音量や明るさの変更ができる。スキンやカスタマイズオプションの膨大なバラエティの存在は、ユーザーの既存のメディアプレイヤーのようなVLCを選ぶことを避けさせるには基本的な外観だけでは十分でないだろう。

先進的なオプション

プレイバック、オーディオ、ビデオ、ツールや閲覧タブは膨大なプレイヤーオプションであり、VLCメディアプレイヤーの簡単なインターフェースがユーザーをからかうことのないように。グラフィックイコライザーやカスタマイズ可能な範囲圧縮設定を含む同期設定で再生することができる。SRTファイルをビデオのフォルダに加えることで、サブタイトルをビデオに加えることさえできるのだ。

まとめ

VLCメディアプレイヤーは、幅広く使え、安定していて、高品質の無料メディアプレイヤーである。現在10年以上にわたって無料メディアプレイヤー市場を独占しており、VideoLAN による定期的な開発や改良によって次の10年もそのようであろう。

Technical

タイトル: VLC Media Player 1.1.6
ファイル名: vlc-1.1.6-win32.exe
ファイルサイズ: 19.33MB (20,268,251 バイト)
動作環境: Windows XP / Vista / Windows7 / Windows8
言語: 多言語
ライセンス: オープンソース
追加日: 2011年01月24日
作者: VideoLAN.org
www.videolan.org
ホームページ: www.videolan.org
MD5チェックサム: B8F68F4AF38638F846B437A26BAD688E

Change Log

# Audio output:
* Multiple fixes and improvements on PulseAudio output PACKAGERS are VERY STRONGLY advised to update libpulse to 0.9.22. Update is required to use PulseAudio with the Phonon-VLC backend (KDE) and with the Mozilla VLC web browser plugin.

# Access:
* Fix the Audio CD crash when looking for CDDB metadata on Windows

# Decoders:
* Support for MPC SV7 and SV8 on Windows and Mac OS X (Unix was already working)
* Enabled FluidSynth MIDI playback plugin on Mac OS X
* Faster VP8/Webm decoding with recent codecs libraries

# Demuxers:
* Fix Buffer overflow in Real demuxer CVE-2010-3907 / VideoLAN-SA-1007
* Fix some asf/wmv seeking issues, notably when seek didn't go to a keyframe
* Support for 24-bits PCM over RTP (audio/L24)

# Subtitles and renderer:
* Do not auto-detect .txt files for subtitles
* Mark more freetype options as safe
* Mac OS X: fixed fontconfig cache creation
* Fix heap corruption in subtitle decoders, potentially exploitable, discovered by Harry Sintonen - sintonen at iki.fi

# Visualization:
* Fix projectM visualization for Linux in all locales
* Fix projectM visualization support for Windows
* Various projectM improvements: the module should be working now
* Fix goom crash on Windows XP and Mac OS X

# Interfaces:
* Qt4: fixes for media keys processing and MCE remotes
* Qt4: various fixes and portability improvements
* KDE: work-around open dialog first slow opening because of KMimeTypeRepository

# Miscellaneous fixes:
* KDE device solid actions
* XDG screensaver
* Transcode integer overflow
* HTTP Icy metadata reading
* Windows: revert to 1.1.4 performance timers

# Translations:
* Update translations for Chinese, Nippon, Slovak, Estonian, Spanish, Galician, Swedish, Bulgarian, French, Bengalese, German, Slovak, Japanese, Dutch, Polish, Hungarian, Indonesian, Sinhala and Irish